Home » 創設者 岩澤信夫について

創設者 岩澤信夫について

●岩澤 信夫の略歴

1932年(昭和7年)1月28日 千葉県成田市生まれ。旧制成田中学校を卒業後、農業に従事。

1980年 PFO研究会を組織し、千葉県、茨城県、山形県、秋田県で低コスト増収稲作の研究と普及を始める。

1983年 不耕起移植栽培の実験に着手し、1985年に不耕起移植栽培を提唱し、普及活動をはじめる。

1989年 農機メーカーと不耕起田専用の田植機の開発に取り組む。

1993年 日本不耕起栽培普及会を設立、会長を務める。

1994年 田んぼの「冬期湛水」を提案。

2002年 不耕起栽培を学びたい農家を対象に自然耕塾を開校、自然耕塾苗つくり研修会を毎年実施中である。

2008年 「不耕起移植栽培」の普及に尽力し、環境問題に一石を投じるとともに、日本の農業のあるべき姿を模索した功績により第42回吉川英治文化賞受賞。

2012年5月 肺炎にて死去。80歳にて逝去。

 

●出演TV番組

知るを楽しむ(人生の歩き方) (NHK)

第1回 日本の農業はコメだ(2008年9月3日放送
第2回 耕さない田んぼが農家を変える(2008年9月17日放送
第3回 生きものが集まり人が集まる(2008年9月24日放送
第4回 田んぼを守るために(2008年10月1日放送

熱中トーク:不耕起で稲はたくましく育つ (BSジャパン) 2004年4月18日、25日放送

ETV特集:耕さない田んぼが環境を変える (NHK) 2003年11月15日放送

 

・参考記事:

周りの農家に“堕農”と言われても貫き通した」

東洋経済オンライン 2010年7月21日