Home » 設立の趣旨

設立の趣旨

稲作に関する日本の技術は、戦後の復興以後、各分野で飛躍的な発展を遂げてきました。

また、近年は社会の成熟に伴い、安全性と環境問題が重要視されるようになり、栽培技術も非常に多様化、高度化してきています。

しかし、現代の化学肥料と農薬が前提の稲作は、社会の求める環境への配慮と安全性への要求を満たすことができなくなっています。

そのような背景から、化学肥料と農薬を使わない栽培の稲作を提唱し、冬期湛水・不耕起移植栽培の普及を推進いたします。

この栽培法は、水田の生き物の活動を利用して稲を育てる農法で、類を見ない環境に優しい農法のため、その田んぼには生きものがいっぱいになります。

そして、その田んぼで収穫されるお米は、環境への配慮と安全性の確保を重要視する消費者のニーズに応えるものとなります。

ついては、専門的な技術を有する稲作農業者に、新しい農業技術を習得させるべく農業塾を開講し、その技術を広く伝える為に全国に農業塾を開設させ、この環境に一番優しい農法を普及させる運動を展開します。

又、消費者に対しては、生きものがいっぱいの米つくりが体験できる市民農園と減反に伴う農地を使った市民農園を開設し、農業体験塾を開講します。

この活動は、地元の行政や専業農家とも協力し、村あるいは町興し運動として位置付けます。

農業体験塾には多くのインストラクターが必要となり、農作業補助員や体験豊かな高齢者の雇用も創出します。

高度で安全な農業技術や経験を次世代に継承していくことは、健全な社会資産形成にとっても有意義なことです。

そのため、私達は未来農業研究センターを設立し、意欲ある農家とネットワークを組み、非営利団体として、農林水産省関連の支援活動を通じて社会に貢献しようとするものです。

これらの活動の目標は、環境に優しい農法を農業者に習得してもらい、農業経営の一助に昇格させ、生物多様性及び環境問題に対する認識の向上に資するものとします。

その他、環境に優しい農法に対する幅広い啓蒙、助言、活動を通じて健全な村や町つくり等、広く公益に寄与するものとします。

 

平成21年12月1日

特定非営利活動法人未来農業研究センター

設立代表者 住所千葉県香取市みずほ台三丁目146番地8

氏名 岩澤信夫