Home » 大豆栽培・みそづくり

大豆栽培・みそづくり

2013年1月20日@千葉県神崎

無化学肥料・無農薬栽培の材料にこだわった手づくりの「みそつくり実践講座」

みそつくり実践講座は大豆とお米を材料に、みその手づくりを実践する講座です。

みそつくりに使う材料は、へそまがり栽培法で化学肥料と農薬を使わずに栽培した

「白大豆」と「黒大豆」、生きものがいっぱいの耕さない田んぼで、農薬はもちろん

有機肥料さえも使わずに栽培した「お米」、昔ながらの製法の「米麹」、

天日乾燥の「塩」を使います。

白大豆と風味を更に豊にする黒大豆を煮た後、耕さない田んぼで穫れた米を

材料にして作った米麹や天日乾燥塩と混ぜ合わせ、ミンサーもしくは手もみで

適当な大きさに砕き、熟成させる器(ビニール袋)に移すまでの作業を、

岩澤信夫の後を引き継いだ鳥井報恩による指導を受けながら、

手づくりのみそつくりに挑戦します。

できたみそを持ち帰り、冷暗所にて半年から1年ほど熟成させると、

材料に拘った手づくりみその味わいを楽しむことができるようになります。

発酵食品が見直されている今日、拘りの材料を使い、自分の手でみそをつくり、

味わい、ふるまう、そんな贅沢を楽しんでみませんか。

詳細は以下PDFをご覧ください。

2013_soybeans_panf